FC2ブログ
夏のカケラ☆

夏のカケラ☆

もうすぐ、8月も、終わりですね〜。久々に、アオサギさんを、見かけました。そして、白鳥さんたち。「さぁ、どこに行く?」どうやら、行き先が、決まったようです。夏のカケラを、探しに☆次回は、9月2日(日)更新です <クリックしてもらえると、うれしいぴょん♪> 人気ブログランキング...
ぶどう☆

ぶどう☆

夏らしい、イキイキした、カンレンボクの、葉っぱ。やっぱり、根っこがあるものは、生命力が、溢れています。色づき始めの、コムラサキの、実。なんだか、ぶどうに見えてきました。美味しそう〜次回は、8月30日(木)更新です <クリックしてもらえると、うれしいぴょん♪> 人気ブログランキング...
長居植物園☆

長居植物園☆

久しぶりに、大阪、長居植物園に、行ってきました。いいお天気です。白鳥さんも、変わらずいました。夏は、ポーチュラカ。カラフルで、明るい花です。かわいい花に、誘われて、頭隠して、尻隠さずの、ありさんも、かわいい。毎年、あいたい花の、ひとつです次回は、8月27日(月)です。。。 <クリックしてもらえると、うれしいぴょん♪> 人気ブログランキング...
フレッシュな☆

フレッシュな☆

スーパーで、いい切り花がなく、帰る途中、あめちゃん、発見センニチコウ(千日紅)です。葉っぱが、両手に見えます。お日様を、いっぱい浴びて、元気いっぱい。この日は、大阪、梅田、阪急百貨店で、平山郁夫シルクロードコレクション展、見てきました。絵と一緒に、ガラスや、ネックレスなどの工芸品も、展示されていました。その後に、センニチコウを見ると、フレッシュな、天然ルビーのように、思えました次回は、8月25日(...
ひまわり畑☆

ひまわり畑☆

兵庫県、佐用町にある、南光ひまわり畑写真を撮りに、来られている方も、多くいました。8月上旬は、若干、見頃過ぎかと思われましたが、それでも、来て良かったです。素朴な、風景。素朴な、人たち。素朴な、休憩所。少し前の日本に、戻った気がしました。電車は、乗り換えが多く、ディーゼル車も、ありましたが、その不便さが、今ある、快適さに、改めて、気づくことになりました。。。次回は、8月22日(水)更新です <クリ...
おさよん☆

おさよん☆

8月上旬、ひまわりを、みたいと思って、お出かけしました。最寄駅から、3時間半くらいかかって、到着しましたかわいいキャラクター、おさよんちゃんが、いました。ここは、岡山県よりの、兵庫県の佐用町です。ここまでくると、のんびりムードです。そして、愛らしい看板に、心和みます。ちなみに、自分のあだ名も、あることに気が付きました。南光ひまわり畑。ずっと来たかった場所。ようやく、来ることができました。 <クリッ...
お盆☆

お盆☆

お盆ですね〜。お盆は、お寺に、お参り。今年は、平日なので、前倒しして、日曜日に行きました。思っていたより人が多く、お盆のお参りを、大切にしている人が、結構いるんだなぁと、ホッとしました。お寺の建物には、ノウゼンカズラの花が、満開です。帰りは、少しだけ、遠回りして、天王寺公園へ。通天閣が、いかにも、大阪らしいです。天王寺公園には、夏の、露草(ツユクサ)清々しい、ブルーが、涼しげです。サルスベリの花。...
京都御苑☆

京都御苑☆

京都迎賓館、外に出てきました。外も、簡素な美です。京都御苑は、なんだか、のどか。すぐ近くには、京都三名水、『染井の水』がある、梨木(なしのき)神社で、萩の花。ヒヨドリも、穏やか。サルスベリの花。京都御苑は、ずっと、宮家や公家の邸宅が立ち並ぶ町でした。そう思うと、穏やかな空気が、そこはかとなく、漂うのも、わかるような気がしてきました。今は、何気ない公園。でも、普通でない、清らかな空気は、1000年の...
庭園☆

庭園☆

京都迎賓館。池に、橋も架かっています。進んでいきましょう。。。建物と、緑と、池の、調和。こういった、日本の自然な感じの、庭園。派手さは無いですが、とても、好きです。季節の花に、錦鯉の、稚魚。とっても、可愛いです20センチくらいの、プチサイズです。この子たちが、大きくて立派な、錦鯉に、成長するんですね〜。和舟(わせん)海外からの賓客に、日本文化の、「舟遊び」を、楽しんでいただきます。ブータンの、国王...
欄間、畳☆

欄間、畳☆

桐の間の、欄間には、藤の間の舞台扉と、同じく截金の装飾が施されています。作品名は、「日月(にちげつ)」。太陽と月という二つのモチーフは、光の方向によって異なる表情を見せます。引用、京都迎賓館HPより。こちらは、月です。反対側は、太陽です。見上げないと、見えないものにも、とても、美しく、仕上げられています。パッと見は、簡素ですが、細部にまで、丁寧に作られています。例えば、畳。伝統技法で織り上げた畳。畳...
桐の間☆

桐の間☆

京都迎賓館、続いては、和室です。桐の間和の晩餐室です。釘隠(くぎかくし)には、五七の桐です。最大24名までの、会食が、可能です。京料理で、おもてなしです。舞妓さん、芸妓さんの、舞や琴の演奏も、行われます。京都らしさ、たっぷりですね。外国の方向けに、掘りごたつになっており、イスも、座り心地良さそうです。イスの後ろの、五七の桐。実は、イスごとに、色のグラデーションを、変えており、同じ色合いは、ないのだ...
藤の間☆

藤の間☆

京都迎賓館、お庭もあります。自然との調和。そして、藤の間(ふじのま)じゅうたんには、藤の花が散った、花びらが、描かれています。なんて、雅やかなんでしょう。洋食の、晩餐会や、歓迎式典などにも使用されています。美しい、カトラリーセッティングに、うっとりします。舞台もあって、その扉には、美しい、金線と銀線。截金(きりかね)響流光韻(こうるこういん)人間国宝、江里小夜子さんの作品。現代、最高の、伝統工芸が...
京都御苑☆

京都御苑☆

京都の目的地は、京都御苑。緑が、心地よいです。そして、お目あての建物の、塀が見えてきました。ここは、京都迎賓館です。平成17年(2005年)4月開館です。急に、思い出して、見学の予約が取れて、急に、行くことができました。このカッコイイ、松の横にあるのが、正門です。賓客は、ここから、入られるのです。正面玄関の扉には、樹齢700年の、福井県産の欅(けやき)の、一枚板を使用しています。なんだか、ものすごく、豪華そ...